PAGE TOP

タイヤ製造のカーボンニュートラル化に向け

住友ゴム工業、白河工場で水素活用の実証実験

タイヤ 2021-07-28

白河工場


 住友ゴム工業は2021年8月から2024年2月まで、白河工場(福島県白河市)の一部工程で水素活用の実証実験を行う。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業として支援を受け、実証実験後は白河工場全体への拡大、国内外の工場への展開を計画している。

 2012年に完成したタイヤ製造システム「NEO-T01」の工程で、水素エネルギー活用の実証実験を行う。水素ボイラーを導入した際の課題となるNOx排出量のコントロールをはじめとした24時間連続運転における課題の抽出と対策を行うことで、今後生産エネルギーを水素に転換していくことの有効性を評価する。併せて、実証実験後の水素需要拡大を見据え、再生可能エネルギー由来の電力からの水素製造、カーボンフリー水素の調達の検討を行い、タイヤのライフサイクルを通じたCO2排出量の極小化を図る。

 同社は実証実験を進め、タイヤ製造のカーボンニュートラル化に向けた、新エネルギーの水素を活用した技術の確立、福島生まれの水素を利用した地産地消モデルの構築、製造時にCO2排出量がゼロとなるタイヤの開発を目指す。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた