PAGE TOP

「ALLIANCE AGRISTAR Ⅱ」

横浜ゴム、ヤンマーのトラクターに新車装着

タイヤ 2021-05-28

 横浜ゴムは、ヤンマーアグリの農耕用トラクター「YT4A」シリーズの「YT460A」「YT465A」の新車装着(OE)用タイヤとして、「ALLIANCE AGRISTAR Ⅱ(アライアンス・アグリスター・ツー)」の納入を開始した。装着サイズは280/70R20 116D、380/85R28 133D、320/85R32 126D。横浜ゴムが国内農機メーカーへOE納入するのは約50年ぶり。

「ALLIANCE AGRISTAR Ⅱ」


 「ALLIANCE AGRISTAR Ⅱ」は農業機械用・林業機械用・産業車両用・建設車両用などオフハイウェイタイヤ(OHT)事業を担っているYokohama Off-Highway Tires(ヨコハマ・オフハイウェイタイヤ=YOHT)のブランドである「ALLIANCE」の最新農業機械用タイヤ。

 タイヤのラグの上層部と下層部で異なる形状を組み合わせた階層レイヤー技術(Stratified Layer Technology:SLT)により、トラクションの持続力を高めるとともに、優れた耐荷重性とロングライフを両立。また、65km/hで走行可能なスピードシンボル「D」を獲得している。

 「YT4A」シリーズは日本の稲作・畑作に最適な大型トラクター。「YT460A」は最高出力60馬力、「YT465A」は65馬力でパワフルに仕事をこなしつつ、小回りも効き、水田と畑両方での使い勝手の良さを実現している。

 横浜ゴムは2021年度から2023年度までの新中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ生産財事業においてOHT事業をさらなる成長ドライバーと位置づけ、同社の「YOKOHAMA」、YOHTの「ALLIANCE」「GALAXY」「PRIMEX」、愛知タイヤ工業の「AICHI」のマルチブランドによる市場展開と顧客要望への対応力を強みに事業拡大を進めている。

 横浜ゴムは2020年10月に同社のOHT事業とOHT専業のグループ会社であるATG(アライアンスタイヤグループ)のグローバルでの事業統合を発表し、今年1月からYOHTを冠する新組織の立ち上げを進めている

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた