PAGE TOP

「ブリヂストン・アスリート・アンバサダー」に任命

ブリヂストン、水泳萩野選手と所属選手契約締結

タイヤ 2017-01-27

右から北島さん、萩野選手、西山ブリヂストン執行役副社長、田村ブリヂストン執行役員


 ブリヂストンは1月27日、リオデジャネイロ2016オリンピック水泳金メダリストの萩野公介選手と所属選手契約を締結し、「ブリヂストン・アスリート・アンバサダー」に任命したと発表した。期間は2022年3月末までの5年間。

 同日、東京・港区のブリヂストングローバル研修センターで開かれた記者会見で、西山麻比古ブリヂストン執行役副社長は、「当社は2014年からオリンピックのワールドワイドパートナーとして活動を開始して以来、『CHASE YOUR DREAM』をテーマにオリンピックをサポートしている。萩野選手には競技などを通じて、ブリヂストンブランドの価値向上に努めてほしい」とあいさつ。

 任命理由については、「当社はワールドワイドパートナー契約締結の時から水泳の北島康介さんと縁があり、その北島さんからの紹介だったことと、萩野選手の持つ発信力(体現力)およびテーマとの親和性を鑑みて決定した」と語った。

 任命された萩野選手は、「今春大学を卒業し、プロとして水泳に専念しようするこの時期にブリヂストンという世界一のタイヤメーカーのサポートを受けることができてとても光栄に思っている。競技で最高の結果を出すことはもちろん、社会に対して何ができるのかを考えていきたい」と抱負を語った。

 記者会見では、田村亘之ブリヂストン執行役員が進行役になり、萩野選手、北島さんを交えたトークセッションも行われた。

 ブリヂストン製品との関わり合いを聞かれた萩野選手は、「練習場まで自転車で通っているが、その自転車を任命前に買い替えた。最近あらためてその自転車を確認したところ、ブリヂストン製だった。運命のようなものを感じた」と答え、会場を沸かせた。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界