PAGE TOP

学生には応募時に希望した職種への配属を確約

ブリヂストン、2022年度から職種別採用を導入

タイヤ 2021-02-05

 ブリヂストンは、2022年度定期採用活動(総合職)から職種別採用を導入する。採用後に適正をみて配属を決める、従来型の「ポテンシャル採用」に加え、対象となる職種をあらかじめ決める「職種別採用」を導入することで、職種志向が強くキャリアプランが明確な優秀人財の採用を強化する。2022年に採用を計画する開発企画職(総合職)55人の大部分を職種別採用により採用する。

 職種別採用では、「デジタル職」や「研究開発職」、「セールス・マーケティング職」など職種ごとに募集コースを設ける。学生は、応募時に希望する職種を選択し、内定と同時にその職種への配属が確約される。採用活動には配属先の従業員も参加。その職種に最適な人財を採用する。また、入社後は、人財を求める部署が募集職種を社員に公開し、応募者から選抜する人事異動制度である「社内公募制度」や社員自らが能力や強み・実績を人事データベースに登録し、高度な専門性やスキル、知見を持つ人財を必要とする部署のニーズと符合させる人事異動制度である「ジョブマッチング制度」を活用し、本人のキャリアパスによって職種変更も可能とする。

 同社は、中長期事業戦略の実行化を支えるHRX(ヒューマンリソース・トランスフォーメーション)を推進しており、2021年1月には、ジョブ型コンセプトを一部導入した新しい人事制度に移行した。今回新たに「職種別採用」を導入することで、人財ポートフォリオの明確化と人財の採用・育成・最適配置を進め、経営体質の更なる強化に繋げていく。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた