PAGE TOP

「MICHELIN AGILIS 3」

日本ミシュランタイヤ、安全性と経済性両立したバン・ライトトラック用タイヤ発売

タイヤ 2020-08-20

 日本ミシュランタイヤは、安全性と経済性を両立させた新バン・ライトトラック用タイヤ「MICHELIN AGILIS 3(ミシュラン アジリス スリー)」を9月23日から順次発売する。

 サイズは13インチから17インチの計14サイズ、価格はオープン。

 同製品は、バン・ライトトラックのあらゆる使用環境を考慮し、そこで使用するユーザーが求めるさまざまな性能を1本のタイヤに具現化することを目的に開発。雨天時に求められるウェットブレーキング性能を向上させ、かつ装着初期のその性能をより長く維持できるよう設計している。さらに日々の過酷な使用にも耐えるタフネスさとロングライフ性能を併せ持つことで経済性およびタイヤの転がり抵抗を低減させることで燃費性能に貢献し、環境性能にも配慮した設計になっている。

 ■製品特徴
 ◇ウェットブレーキング性能の向上=従来品MICHELIN AGILISとの比較で13%向上◇転がり抵抗値の改善=MICHELIN AGILISとの比較で16%向上◇性能維持力とロングライフ性能の向上=ウェットブレーキング性能の維持力を向上させながら、長期の使用に耐えられるようにロングライフ設計。安全性と経済性に貢献するとともに環境負荷低減にも配慮。

 ■採用技術
 ①革新的なフルシリカコンパウンド=新開発のポリマーによって高密度のシリカを配合することに成功。ウェットグリップの向上と転がり抵抗を低減、安全性と経済性に貢献。

 ②フルデプス・サイプ=新品時から摩耗時までトレッド部の優れた剛性バランスを確保。主溝と同じ深さまで刻まれたサイプは優れたウェットグリップ性能を確保し安全性に貢献。

 ③U字グルーブ=U字に切られたグルーブは摩耗末期でも適正なボイドレイシオ(トレッドの接地面に対する溝の比率)を確保。優れた排水性能により雨天走行時の安全性を追求。

 ④ストーン・イジェクター=特許取得したトラック用タイヤのストーン・イジェクターを初めてバン・ライトトラック用タイヤに採用。石噛みからの損傷を防止、耐用年数の向上に貢献。

 ⑤サイドウォールプロテクター/耐アブレージョンラバー=擦れなどに強い耐アブレージョンラバーで作られたサイドウォールプロテクターはミシュランのトラック用タイヤの技術から採用。カーカスの柔軟性を損なうことなく縁石などによる擦れやカットによるサイドウォールの損傷から保護。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界