PAGE TOP

「大阪が、ふたつに分かれてひとつになる日。」

TOYO TIRE、J1リーグ再開初戦「TOYO TIRESパートナーデイ」を開催

タイヤ 2020-06-26

 TOYO TIREは7月4日、プラチナパートナーとしてスポンサードしているガンバ大阪がパナソニックスタジアム吹田(大阪府吹田市)で戦うホームゲーム(対「セレッソ大阪」戦、明治安田生命J1リーグ第2節)を、『TOYO TIRESパートナーデイ』として開催する。

 ガンバ大阪は1993年のJリーグ発足当時から加盟している伝統ある10のクラブチーム(オリジナル10)の一角として、数々のタイトルを奪取してきました。同じ大阪のセレッソ大阪との対戦は大阪を二分して盛り上がる地元クラブ対決として「大阪ダービー」と呼ばれており、今回、TOYO TIRESパートナーデイとして開催する。

 リモートマッチ(無観客)での開催となるなか、選手に寄り添うサポーターの想いを託した「WE ARE WITH YOU」というビッグフラッグをメインスタンドに掲出するなど、選手の活躍を応援する。

 新型コロナウイルス感染症の影響で中断していたサッカーJ1リーグだが、同社はこの間、5月2日から3週間にわたって実施、放映されたJリーグ公認のオンラインサッカーゲーム「Jリーグ eSports ONLINE」のリーグ戦を提供(特別協賛)するなど、選手やサッカーファンにエールを送る取り組みを行ってきた。

 同社は再開後の初戦となるこの大阪ダービーを、サポーターをはじめ、サッカーやスポーツを愛する地元関西の多くの人々、さらには全国に向けて、「大阪の元気を届ける」大切なゲームであると考えており、選手たちの真剣勝負を観戦、応援できるという幸せを多くの人と喜び合えるよう、『大阪が、ふたつに分かれてひとつになる日。』というフレーズを合言葉として用い、大阪一円の主要駅構内を中心にさまざまなタッチポイントで同カードの開催を「大阪弁で」広く告知していく。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界