PAGE TOP

「NANOENERGY M176」

TOYO TIRE、トラック・バス用低燃費リブタイヤを発売へ

タイヤ 2019-12-02

 TOYO TIREは、転がり抵抗を同社従来品比で約9%低減し、車両の燃費性能向上に寄与するトラック・バス用低燃費リブタイヤ「NANOENERGY M176(ナノエナジー エム イチナナロク)」を2020年1月から国内市場で順次発売する。

「NANOENERGY M176」


 展開サイズは、11R22.5 14PR、11R22.5 16PR、295/80R22.5 153/150J、245/70R19.5 136/134Jの全4サイズで、価格はオープン。

 同社では、独自のプロセス技術により、ゴムコンパウンドのエネルギ-ロスを約20%低減できるポリマー「Nano Composite Polymer(ナノ・コンポジット・ポリマー)」を開発し、今回、国内向け商品としては初めてNANOENERGY M176に採用。

 タイヤの転がり抵抗低減への寄与度が最も高いキャップトレッド部およびベーストレッド部に、この独自開発ポリマーを使用することによって優れた低燃費性能を実現すると同時に、高い耐摩耗性能を維持する。さらに、経済性や耐久性、低燃費性能や環境性能をバランスよく向上させる独自のトラック・バス用タイヤ基盤技術「e-balance(イーバランス)」を活用し、トラック・バス用タイヤに求められる複数の性能特性を高次元で満足させた製品を実現する。

 ■主な商品特長
 タイヤコンパウンドは、転がり抵抗低減への寄与度が最も高いキャップトレッド部およびベーストレッド部にNano Composite Polymerを採用し、ナノレベルでの高度な分散体を使用することで従来品と同レベルの高い耐摩耗性能を維持しつつ、転がり抵抗を約9%低減(同社従来品比)。

 タイヤパターンに「最適リブ配分」「リブ分断S字サイプ」「マルチピッチグル-ブ」を採用し、従来品の優れた耐摩耗性能を確保したうえで、耐偏摩耗性能やトラクション性能などの向上も図っている。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界