PAGE TOP

2020年までに廃タイヤ約200万本をリサイクル

ブリヂストン 、再生カーボンブラックを用いたタイヤを商用化

タイヤ 2019-11-21

 ブリヂストンの米国子会社ブリヂストン アメリカス・インク(BSAM)は、タイヤの原材料の一つであるカーボンブラックを、廃タイヤを熱分解して回収した再生カーボンブラック(RCB)で代替し、これを用いたタイヤを商用化し、米国市場で販売している。

 RCBとは、廃タイヤの熱分解により製造されるリサイクルカーボンブラックのことで、米国で販売中の一部のタイヤには、BSAMと提携関係にある、デルタ エナジー グループ社製のRCBが使用されおり、同社のRCBは、新品のカーボンブラックと同等の性能を有しながら、新品対比で製造時のCO2排出量を約81%削減することができる。

 BSAMでは今後も、RCBの使用を拡大し、2020年までに乗用車用の廃タイヤ約200万本分に相当する約6,800トンのRCBを使用する計画。これにより、新品のカーボンブラックを使用した場合に比べて、約1万900トンのCO2排出量の削減に貢献する。

 RCBを用いたタイヤの販売は、2050年を見据えた環境長期目標である「100%サステナブルマテリアル化」、「グローバル目標への貢献(CO2排出量50%以上削減)」の達成に向けた取り組みの一環であり、また、循環型経済(サーキュラー・エコノミー)の実現に貢献するための施策のひとつとなっている。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界