PAGE TOP

世界有数の過酷なオフロードレース

TOYO TIRE、「SCORE BAJA 400」参戦選手をサポート

タイヤ 2019-09-13

 TOYO TIREは、米国のタイヤ販売子会社Toyo Tire U.S.A.(TTC)ならびにメキシコのタイヤ販売子会社NT Mexico(NTM)とともに、9月18-22日の5日間、メキシコで開催される第1回「SCORE BAJA 400(バハ400)」に参戦する7選手に対して、同社製ピックアップトラック/SUV用オフロードタイヤ「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)」シリーズを供給する。

6月に開催されたSCORE BAJA500参戦の様子


 SCOREインターナショナルが「SCORE World Desert Championship」(全4戦)の一つとして今年新設したBAJA 400は、そのレース結果によってSCOREシリーズ最終戦となるBAJA 1000のスタート順位を決める重要な一戦。

 第3戦となる今回のレースはメキシコのバハ・カリフォルニア半島に位置する都市エンセナーダを出発し、全行程400マイル(約644キロ)を走り抜けて同地に戻るループ形式となっている。

 同シリーズは、起伏に富んだ砂漠地帯や岩場の多い山岳地帯を昼夜問わずノンストップで走るため、世界で最も過酷なオフロードレースのひとつと呼ばれている。完走そのものが困難なため、高いドライビングテクニックはもちろん、悪路走破性や耐久性に信頼のおけるオフロードタイヤが不可欠となっている。

 TOYO TIRESが供給する「OPEN COUNTRY M/T-R」、「OPEN COUNTRY R/T-R」は、北米で高く評価されている本格オフロード向けピックアップトラック/SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY」をレース用にチューンアップしたタイヤ。

 「OPEN COUNTRY」のアグレッシブかつ機能的なデザインを有するトレッドは、悪路走破性のみならず、トラクション性能やブレーキ性能の向上にも寄与し、タイヤ構造はオフロードレースで培ったノウハウを生かした、耐外傷性の高いタフネス構造となっている。

 今回のレースでは、第1戦「SCORE San Felipe 250」、第2戦「SCORE BAJA 500」で連勝中のAndy McMillin(アンディ・マクミラン)選手をはじめ、Bryce Menzies(ブライス・メンジス)選手、Robby Gordon(ロビー・ゴードン)選手、BJ Baldwin(ビージェイ・バルドウィン)選手、Tavo Vildosola(タボ・ヴィルドソラ)選手、Luis Javier Pelayo(ルイス・ハビエル・ペラーヨ)選手、Santiago Creel(サンティエゴ・クレール)選手など、同社およびTTC、NTMとスポンサーシップ契約を結んでいる選手の参戦車両に「OPEN COUNTRY M/T-R」、「OPEN COUNTRY R/ T-R」を供給する。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界