PAGE TOP

【ラバーインダストリー9月号から】

住友ゴム工業が見据えるタイヤ内部発電技術の先

会員限定 タイヤ 2019-09-04

 

タイヤ内部の発電技術を開発

 自動車が「100年に1度」と言われる大変革期にある中、自動車を足元から支えるタイヤにも変化が求められている。住友ゴム工業が、関西大学の谷弘詞教授と共同で開発したタイヤ内部の発電技術は、タイヤに求められる変化に繋がるものとして、期待が大きい。

 共同開発したタイヤ内部発電技術は、タイヤの内側に静電気を利用した発電デバイス(エナジーハーベスタ)を取り付け、タイヤが回転することによって電力を発生させる技術。タイヤの回転に伴い発電デバイスが変形することで、電力を発生させる。静電気の一種である摩擦帯電現象を応用した。

タイヤ内側に取り付けた発電デバイス


 きっかけは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界