PAGE TOP

摩耗、ハンドリング、乗り心地を追求

ブリヂストンがVツインクルーザー向けタイヤの新商品発表

タイヤ 2016-11-30

BATTLECRUISE H50を紹介するMCタイヤ事業部長の武田秀幸氏(左)とMCタイヤ開発部設計第2ユニットの時任泰史氏

BATTLECRUISE H50を紹介するMCタイヤ事業部長の武田秀幸氏(左)とMCタイヤ開発部設計第2ユニットの時任泰史氏


 ブリヂストンは11月30日、ブリヂストングローバル研修センター(東京都港区)で記者会見を開き、2輪車用タイヤの新商品であるVツインクルーザー向け「BATTLECRUISE(バトルクルーズ)H50」を発表した。2017年2月から8サイズで販売を開始し、18年に14サイズを追加する。国内での価格はオープン価格。

 同商品は、Vツインエンジンを搭載するクルーザー系2輪車向けのチューブレスバイアスタイヤ。アメリカンVツインライダーの求める、コーナーリングでの高い操縦性能、長距離ライディングでの疲労の軽減、従来品を圧倒するロングライフをコンセプトに、摩耗ライフ、ハンドリング、乗り心地にフォーカスし開発された。

 新たな形状に加え、リアに新開発のコンパウンドを採用することで、耐摩耗性能が向上。リアの摩耗ライフは、従来品対比で約2.7倍になった。また独自技術であるULTIMAT EYEによる解析を活用することで、フロントとリアの摩耗バランスを均一化。摩耗による車両性能変化の最小化を図った。

 ハンドリング性能では、ULTIMAT EYEを活用した接地特性の解析により、形状と構造を最適化。キャンバー角によらず、大きな接地面積と均一な接地圧分布を得ることで、ハンドリング性能を向上させた。

 乗り心地については、リアタイヤの縦ばねを約5%下げることで、路面からの入力エネルギーの吸収力を向上。リアタイヤの振動を抑えることで、乗り心地を改善した。

 アメリカンVツインの本場である北米での試乗会では、「スッと旋回に入れる」「安定性が増した」「疲れを感じない」「サスペンションをアップグレードしたような乗り味」などの高評価を得たという。

 生産は那須工場(栃木県那須塩原市)で行い、国内のほか海外へ輸出する。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界