PAGE TOP

ふらつき抑え、ライフ性能、静粛性能も向上

住友ゴム工業、「エナセーブ RV505」6月から発売

タイヤ 2019-04-18

エナセーブ RV505


 住友ゴム工業は、ミニバン専用タイヤ「エナセーブ RV505」を6月1日から発売する。ミニバン特有のカーブや横風によるふらつきを抑えるとともに、ライフ性能、静粛性能も向上させた。発売サイズは48サイズで、価格はオープン価格。国内タイヤラベリング制度では39サイズで転がり抵抗性能「AA」、ウェットグリップ性能「b」を、9サイズで転がり抵抗性能「AA」、ウェットグリップ性能「c」に該当する。初年度販売計画は68万本。

 パターン技術、新技術「プラスリブ」といった路面を捉える技術、サイド部の構造変更、新プロファイルといった荷重を支える技術から成る新開発の「FUNBARI TECHNOLOGY(ふんばりテクノロジー)」を採用することで、ミニバン特有のふらつき、偏摩耗を抑制した。

 パターン技術では、ふらつき抑制に特化した非対称パターンを用いるとともに、リブ数を減らすことでショルダー部のパターン剛性を高め、接地面全体の剛性を最適化した。接地面積は従来品である「エナセーブ RV504」比で10%向上。安定した直進、コーナーリング性能を実現している。また、プラスリブと呼ばれる微小な出っ張りをリブのアウト側に配置することで、カーブ時にカーブ外側にブロックが倒れこむことを防ぐとともに、荷重負荷時の接地面を確保。カーブやレーンチェンジ時のより安定した走行が実現されている。

 サイド部は高剛性材料の使用部分の高さを従来品に比べトレッド側に上げることで強化を図る一方、新プロファイルを採用することでサイドウォール全体はたわむよう設計した。荷重をがっちり支えつつ、ふらつきを抑制している。

 乗車人数や荷物の多い荷重負荷時の耐ふらつき性能は従来品比で19%向上。接地面最適化や荷重変動が抑制されアウト側ショルダー部の負担が軽減されたことで、耐偏摩耗性能は53%向上した。

 また、トレッド部の接地形状を丸くし、中央部から接地させることで路面からの衝撃を緩和し振動を抑制した新プロファイル、ピッチ配列を最適化した新カオスピッチ配列の採用で、静粛性能が向上。従来品比でパターンノイズは34%、ロードノイズは31%低減した。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界