PAGE TOP

ボーイング社から

ブリヂストン、「737 MAX 9」向けタイヤの認証を取得

タイヤ 2018-12-25

ボーイング「737 MAX 9」向け航空機用ラジアルタイヤ(主脚用タイヤ)


 ブリヂストンは12月25日、ボーイング社の新型旅客機「737 MAX 9」に装着される航空機用ラジアルタイヤ(主脚用)の認証をボーイング社から取得したと発表した。同タイヤは、全世界で発売される。なお、ブリヂストンは「737 MAX 8」向けタイヤも生産・販売している。

 航空機用タイヤは航空機の高荷重のもと高速度で離着陸を繰り返すという過酷な状況で使用されるため、高い耐久性が求められる。また飛行中における燃費向上のためには、タイヤの軽量化も求められる。「737 MAX 9」向けタイヤは、技術的に難しいとされている耐久性と軽量化を両立させたラジアル構造「RRR(トリプルアール:Revolutionarily Reinforced Radial)」を採用するとともに、同社の基幹技術「ナノプロ・テック」を適用した新トレッドコンパウンドを搭載することで耐摩耗性の向上を図っている。

 同社のボーイング「737 MAX」向けタイヤラインアップは以下の通り。

 機体=737 MAX 8◇用途=メイン(主脚)◇タイヤサイズ=H44.5×16.5R21◇プライレーティング=30◇スピード(mph)=235

 機体=737 MAX 9◇用途=メイン(主脚)◇タイヤサイズ=H44.5×16.5R21◇プライレーティング=32◇スピード(mph)=235

 機体=737 MAX 8/9共通◇用途=ノーズ(前脚)◇タイヤサイズ=27×7.75R15◇プライレーティング=12◇スピード(mph)=235

 航空機用タイヤは、過酷な条件下で使用されるため、タイヤメーカーの総合的かつ高度な技術力が求められる。新品タイヤだけでなく、リトレッドタイヤも使用されており、航空機を構成する多くの部品の内、最も交換頻度が高い部品のひとつ。同社グループの航空機用タイヤソリューション事業は、新品タイヤ・リトレッドタイヤといった商品やサービスを組み合わせることにより、ユーザーの課題解決や目標達成に貢献することを目指している。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界