PAGE TOP

DUNLOPとFALKENの両ブランドを訴求

住友ゴム工業、「TOKYO AUTO SALON 2019」に出展

タイヤ 2018-12-21

DUNLOPブース(イメージ)


FALKENブース(イメージ)


 住友ゴム工業は、2019年1月11日から13日まで千葉・幕張メッセで開催される「TOKYO AUTO SALON 2019」にDUNLOPブース、FALKENブースを出展する。

 ■DUNLOP
 「Spirit of Evolution」をコンセプトに、過去から未来に続くDUNLOPの先進技術を訴求。自動運転やカーシェアなどのモビリティ社会の変革に応じたDUNLOPタイヤの技術開発コンセプト、「SMART TYRE CONCEPT」を紹介するLab(ラボ)を設立する。Lab内では、「SMART TYRE CONCEPT」について、映像や光、音楽を駆使することで最新の技術開発コンセプトを体感していただける内容となっている。

 さらにステージイベントでは、2018年も激戦を繰り広げたSUPER GT500に参戦する「NAKAJIMA RACING」の中嶋悟監督のほか、全日本ラリーやFIA-F4ドライバーによるトークショーを実施する。

 ■FALKEN
 「Avant-garde2.0(アヴァンギャルドニーテンゼロ)」をコンセプトに、「Avant-garde」な活動を続けるFALKENブランドを訴求する。LEDバーをあらゆる角度に配置し躍動感のある展示を行うことで、「ON THE PULSE」をブランドコンセプトとするFALKENのブランドイメージを表現する。

 また、モータースポーツへの参戦や、エアレースや欧州サッカーリーグ、アスリートへの協賛活動についても映像で紹介する。

 さらに、フラッグシップタイヤ「AZENIS FK510」をはじめとするFALKENタイヤ装着車両をブランドカラーにカラーリングして展示を行い、最新タイヤラインアップを展示することで、高性能でサイズ展開の豊富なFALKENブランドを訴求する。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界