PAGE TOP

「 ハイパースポーツ S22」、「アドベンチャークロス AX41」

ブリヂストン、「BATTLAX」の2019年モデル発表

タイヤ 2018-11-29


 ブリヂストンは11月28日、同社グローバル研修センター(東京都港区)で2輪車用タイヤ「BATTLAX(バトラックス)」の新商品発表会を開催、2019年モデルであるスポーツラジアルタイヤ「バトラックス ハイパースポーツ S22」、アドベンチャーカテゴリーの「バトラックス アドベンチャークロス AX41」を発表した。両タイヤとも2019年2月から発売する。

 発表会で同社の内田達也MCタイヤ事業部長は「多くのバイクユーザーに、それぞれのバイクライフ、もっと走る楽しさを感じてもらい、2輪業界全体が盛り上がっていければと思っている。当社がまず一人ひとりのバイクライフを支えていくという精神をもとに、バトラックスは新しいことへの挑戦ということをスピリット、パッションとして忘れずにやっていきたいと思っている」と語った。

バトラックス ハイパースポーツ S22


 「バトラックス ハイパースポーツ S22」は、数多くのスポーツバイクに新車装着タイヤとして採用され、市販用タイヤとしても多くのライダーに支持されてきた「バトラックス ハイパースポーツ S21」の後継商品。「S21」の高いドライグリップ性能と軽快性をさらに向上させるとともに、優れたウェット性能を確保することで、スポーツ走行を楽しみながら急な天候変化やウェット路面が残るシーンでも安心して走行できることを追求した。

 トレッドパタンには、雨の日のコーナーリングを想定し、「S21」対比でショルダー部の溝/ブロック比率を向上させ、パタン剛性を最適化したパタンを新たに設計。ウェット性能と軽快性の向上を両立した。

 コンパウンドは、フロントタイヤのセンターゴムとリアタイヤのトラクションゴムの成分について、特に樹脂の配合を最適化することで、低温域を含む幅広い温度領域で機能するコンパウンドを開発。乾いた路面でのグリップ性能を高めた。

 また、リアタイヤのセンターゴムには、従来使用していたシリカよりも小さい微粒径のシリカを採用。タイヤと路面との接地面におけるシリカ面積を増やした。これにより路面との凝着力が向上。ウェット性能の向上に寄与している。

 接地面も最適化した。FIM世界耐久選手権(EWC)のタイヤ開発でも活用してきた独自の開発技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」を活用し、接地面におけるタイヤの動きを細かく把握。「S21」対比で接地後方の滑り域を減少させた。これにより、スポーツ走行で必要とされるグリップ性能と軽快性を向上させながら、相反するライフ性能も維持している。

 発売サイズはフロント1サイズ、リア5サイズで、メーカー希望小売価格を設定している。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界