PAGE TOP

冬期タイヤテストコースをイベント会場として開放

東洋ゴム工業、「2018サロマ大収穫祭」に協賛

タイヤ 2018-10-05

サロマ大収穫祭の様子

 
 東洋ゴム工業は9月30日、「2018サロマ大収穫祭」(主催:佐呂間町観光協会)に、冬期テストコース(北海道常呂郡佐呂間町)敷地内をイベント会場として開放し、同イベントに協賛した。

 同イベントは、その年に収穫した海産物や農作物の収穫に感謝するイベントで毎年秋に開催され、今年で23回目の開催となる。会場では、北海道のホタテ養殖発祥の地であるサロマ湖で養殖されたホタテ、南瓜(かぼちゃ)、サロマ黒牛の精肉など同町の特産品を提供する数十軒のテントブースが出店された。

 会場内には、TOYO TIRESブースを設け、スタッドレスタイヤ「Winter TRANPATH TX」など、同社の冬期タイヤテストコースで開発されたスタッドレスタイヤ商品群を来場者に紹介した。

 同社では、拠点を置いて事業活動を行っている各地域において、さまざまな地域活動を行っている。冬期タイヤテストコースが所在する佐呂間町では、町を挙げての恒例行事を盛り立てる一助となるべく、第6回開催時からバックアップを行っている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界