PAGE TOP

約41億円を追加投資し、トラック・バス用タイヤの生産能力を増強

住友ゴム工業、ブラジル工場を増強

タイヤ 2018-09-20

増強を行うブラジル工場

 
 住友ゴム工業は9月20日、ブラジル市場のトラック・バス用タイヤの需要に対応するため、ブラジル工場で2019年3月から稼働予定の同タイヤの生産設備に1億5,300万レアル(約41億円)の追加投資を行い、生産能力を増強すると発表した。

 同社は2016年7月に、3億1,200万レアル(約84億円)を投資してトラック・バス用タイヤの生産設備を新設し、2019年3月から日産500本の生産能力で稼働を開始することを発表していたが、今回、1億5,300万レアル(約41億円)の追加投資を行い、同年10月には生産能力を日産1,000本とすることにしたもの。

 ブラジル工場は2013年10月から乗用車・ライトトラック用タイヤを生産。現在、トラック・バス用タイヤについては輸入販売を行っているが、ブラジルの同タイヤ市場は今後年2-3%程度の成長が見込まれるため、現地生産により安定供給を図るとともに、為替変動リスクの回避により、乗用車・ライトトラック用タイヤと合わせて、ブラジル市場におけるタイヤ販売事業の一層の強化を図る。

 同社は、海外でトラック・バス用タイヤの生産能力を積極的に拡大している。今年7月19日からは、南アフリカ工場で同タイヤの生産を開始。同工場では、2020年に日産750本の生産能力を予定している。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界