PAGE TOP

環境面の取り組みでは自動車部品部門での最高得点を獲得

ブリヂストン、DJSI Worldに3年連続で選定

タイヤ 2018-09-20

 ブリヂストンは9月19日、世界的なサステナビリティ指数のひとつである「Dow Jones Sustainability World Index」(DJSI World)の構成銘柄に3年連続で選定されたと発表した。

 なお、同社はアジア・大洋州地域の企業で構成される「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」(DJSI Asia Pacific)にも9年連続で選定されている。

 Dow Jones Sustainability Index(DJSI)は、S&P Dow Jones IndicesとRobecoSAMが共同開発した指数。毎年世界の大手企業約2,500社を対象に「経済」「環境」「社会」の3つの側面から企業の持続可能性を評価して数値化し、業界別の評価結果上位約10%を「DJSI World」に選定する。

 今年の「DJSI World」選定企業は約320社で、ブリヂストンは自動車および自動車部品部門において選定された。

 ブリヂストンは「環境」面において特に高い評価を得ており、昨年に引き続き「DJSI World」の自動車部品部門の中で最高得点を獲得。その中で「環境報告」に関する取り組みでは満点を獲得した。また「気候戦略」に関する取り組みでも「DJSI World」の自動車部品部門の中で最高得点を獲得している。

 ブリヂストングループは、2月に持続可能な調達のさらなる推進を目指し、グループが購入するすべての原材料やサービス、そして世界中のお取引先様を対象とした「グローバルサステナブル調達ポリシー」を策定。今回の「DJSI World」選定は、こうした先進的な取り組みが高く評価されたもの。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界