PAGE TOP

2024年3月期第3四半期業績

ニッタ、増収も損益面は減益に

決算 2024-02-02

 ニッタの2024年3月期第3四半期(2023年4~12月)業績は、売上高が666億2,900万円で前年同期比1.8%増、営業利益が38億3,400万円で同6.7%減、経常利益が92億8,300万円で同9.9%減、純利益が76億3,000万円で同8.7%減だった。

 売上高は増加。営業利益は原材料価格高騰に対する販売価格への転嫁が進んだものの、半導体製造装置向けなどの高付加価値製品の売り上げが低調だったことで減益。経常利益は持分法適用会社において、半導体業界向け需要が減少したことにより持分法による投資利益が減少したことで減益となった。

 2024年3月期通期業績は、売上高890億円で前期比1.1%増、営業利益50億円で同0.2%増、経常利益120億円で同7.0%減、純利益100億円で同7.9%減を見込んでいる。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた