PAGE TOP

2024年3月期第2四半期業績

デンカ、CRの出荷は前年同期下回る

会員限定 決算 2023-11-08

説明する今井社長


 デンカの2024年3月期第2四半期(4~9月)業績は、売上高が1,913億6,900万円で前年同期比5.7%減、営業利益が105億3,500万円で同42.5%減、経常利益が80億8,700万円で同52.5%減、純利益が65億5,900万円で同54.2%減だった。

 セグメントのうち、エラストマー・インフラソリューション部門は売上高が572億1,800万円で同9.0%減、営業損失が16億4,400万円(前年同期は12億9,300万円の利益)。クロロプレンゴム(CR)は昨年度第3四半期(10~12月)以降、工業、接着剤用途の需要が低調、自動車用途は需要が回復傾向にあるものの、市中在庫の調整が続き、出荷は前年を下回った。「値上げ効果はあったが、需要低調や(米国のCR製造子会社である)DPEでの修繕費・労務費などの増加により、セグメント全体で大幅な減益となった」(今井俊夫社長)。

 通期業績予想を下方修正
 2024年3月期通期業績予想は下方修正した。電子・先端製品やクロロプレンゴムといった主力製品の需要回復が、期初の想定に比べ大幅に遅れているため。

 ■2024年3月期通期業績予想
 ◇売上高=4,000億円(前回予想4,300億円、増減率7.0%減)◇営業利益=190億円(同330億円、同42.4%減)◇経常利益=120億円(同290億円、同58.6%減)◇純利益=110億円(同220億円、同50.0%減)

 このうち、エラストマー・インフラソリューション部門は売上高が1,200億円(期初予想1,300億円、同7.7%減)、営業損失が75億円(同25億円の利益)を見込む。

 11月8日に開催した決算説明会で、今井社長はクロロプレンゴムの見通しや価格について

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • 海から考えるカーボンニュートラル
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた
  • とある市場の天然ゴム先物