PAGE TOP

リサイクル原料などの使用製品拡大に向けて

デンカ、同社およびグループ会社でISCC PLUS認証を取得

原材料 2024-06-25

 デンカおよびデンカポリマーは、持続可能な製品の国際的な認証制度の一つである ISCC PLUS 認証を取得した。
 同認証は、リサイクル原料やバイオマスなどの持続可能な原料を用いた製品をサプライチェーン上で管理・担保する国際的な認証制度。

 同認証取得により、持続可能な原材料をマスバランス方式によって割り当てた ISCC PLUS 認証製品の取り扱いが可能となった。

 デンカグループは、経営計画「Mission 2030」の中で、スチレン系材料のサーキュラーエコノミー推進を取り組むべき施策の一つと位置付けている。2050年のカーボンニュートラル実現を見据え、安全・安心・快適な日々の暮らしの実現に貢献するサステナブル製品の展開を推進し、環境負荷低減に対する社会やユーザーのニーズに応えるとともに、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを一層強化していく。

 ■概要
 ◇デンカ千葉工場=スチレンモノマー、スチレン系樹脂、スチレン系シート/2024年5月

 ◇Denka Singapore=スチレン系樹脂/2023年1月◇デンカポリマー五井工場=食品容器、BOPS製品全般 /2024年5月

 また、持株適用関連会社の東洋スチレンについても五井工場および君津工場で生産するスチレン系樹脂について、ISCC PLUS認証を取得した。

 同社は、2024年3月に竣工したケミカルリサイクルプラントで得られる再生スチレンモノマーにて、持続可能性が保証されたスチレン系製品を提供していく。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • 海から考えるカーボンニュートラル
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた
  • とある市場の天然ゴム先物