PAGE TOP

2022年3月期第3四半期(1~9月)業績

タイヤ4社の第3四半期業績、売上高増加も利益は増減分かれる

会員限定 決算 2022-11-21

 国内タイヤメーカー4社の2022年12月期第3四半期(1~9月)業績が出揃った。売上高は各社増収だったものの、営業利益(調整後営業利益、事業利益)段階では、ブリヂストンと横浜ゴムが増益、住友ゴム工業とTOYO TIREが減益と分かれた。

 原材料価格や海上輸送費などのマイナス影響を、値上げを含む価格・MIXの改善、販売数量の増加で吸収し、為替円安も追い風に働いた。ただ、取り巻く環境の変化が業績に様々な影響を及ぼしている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた