PAGE TOP

2022年12月期第2四半期業績

住友ゴム工業、タイヤ事業は増収減益

会員限定 決算 2022-08-08

 住友ゴム工業の2022年12月期第2四半期(1~6月)業績(IFRS)は、売上収益が5,121億1,200万円で前年同期比16.4%増、事業利益が141億8,400万円で同52.9%減、四半期利益が171億8,700万円で同16.2%減だった。

会見する木滑代表取締役副社長


 「新型コロナの動向やウクライナ情勢、インフレ圧力の高まり、中国における経済活動の抑制など、不確実性の高い経済環境の中、半導体不足による自動車生産台数が減少していることに加え、海上運賃や原材料価格の高騰も引き続き大きな影響を及ぼした。売上収益については、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた