PAGE TOP

住友理工、ドイツの国際医療機器展示会「MEDICA 2017」に出展 ~体圧検知センサー「SRソフトビジョン」を欧州で初披露~

11月8日

 住友理工株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役 社長:松井徹)は、ドイツ・デュッセルド ルフで 11 月 13 日(月)から開催される国際医療機器展示会「MEDICA 2017」に初出展します。

 欧州では、高齢者人口の増加、介護人口の不足が社会課題となっており、より質が高く効率的な看 護・介護を行うことに注目が集まっています。また、同地域では、在宅看護・介護が主流であり、患 者様に対して正しい体位変換やポジショニングなどのケアを、ご家族が中心となって介護士や看護師、 医師、医学療法士などと連携しながら行うことになります。

 当社は、医療・介護施設だけではなく、欧州で一般的な在宅介護でも利用することのできる体圧検 知センサー「SR ソフトビジョン」を欧州で初めて紹介します。「SR ソフトビジョン」は、体圧やバラ ンスを可視化する製品で、体圧の管理が簡単にできます。当社が開発した柔らかくて丈夫なゴムでで きたセンサー「スマートラバー(SR)センサ」を内蔵しています。お手持ちのパソコンやタブレット PC にソフトウェア(英語・ドイツ語に 2018 年上旬対応予定)をインストールし、本体と USB 接続 するだけで簡単に利用することができます。 今まで医療従事者の経験に頼って行っていた床ずれリスクの管理が、「SR ソフトビジョン」によっ て圧力が高い箇所を「見える化」し、リアルタイムで圧力の変化を確認しながら行うことができます。

 当社は、近い将来の欧州市場での本格展開を見据え、本展示会では、欧州での販売網確立に向けた 医療機器商社や販売代理店の皆様とのコネクションの構築を図ります。また、「SR ソフトビジョン」 を通じて、欧州の皆様の生活の質向上に貢献してまいります。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界