PAGE TOP

ゴム関連企業15年度売上高100社ランキング

増収37社、前年度より31社減

その他 2016-09-05


 ゴム報知新聞は、2015年度全国ゴム関連企業の業績を7―8月にかけて独自に調査した。それによると上位100社(単体)のうち増収だったのは37社と、全体の3分の1程度にとどまった。14年度の増収企業は68社だったので、15年度は半減したことになる。上場ゴム関連企業の連結売上高を見ると36社中27社が増収している。内需不振で国内売上高は減少しているが、海外事業の拡大で連結売上高は堅調に推移した。

 15年度の増収企業は100社中37社で、そのうち2ケタ増収は11位の内山工業(前期比12.0%増)と66位の相模ゴム工業(同24.7%増)の2社。

 利益面を見ると、営業増益が28社(14年度27社)、経常増益が32社(同42社)、当期増益が32社(同36社)となった。営業、経常、当期とも増加したのは18社(同21社)。増収増益(営業、経常、当期とも)を達成した企業はアキレス(9位)、オカモト(10位)、ニッタ(16位)など12社(同19社)。

 15年度は、国内自動車生産が低調に推移したことで、多くのゴム関連企業で国内売上高が伸び悩んだ。米国を中心に海外販売は堅調で、原材料安や為替円安の影響もあり好業績を上げた企業も目立った。

 売上高上位10社は、ブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、豊田合成、東洋ゴム工業、NOK、住友理工、イノアックコーポレーション、アキレス、オカモトの順。顔ぶれは14年度と同じで、東洋ゴム工業(6→5位)と住友理工(8→7位)が順位を一つ上げた。

 上位100社の合計売上高は4兆1710億7900万円で前年度比2.4%減、上位50社では3兆9277億8400万円で同2.5%減、上位10社では3兆447億6900万円で同2.9%減となった。

 連結業績では36社中27社が増収した。そのうち4社が2ケタ増を達成した。増益(営業利益、経常利益、純利益ともに増)は12社で、増収増益達成企業は10社。14年度は、増収企業が36社中34社で、2ケタ増が5社、増収増益は17社だった。15年度は14年度より業績が悪化している。

 ◆ゴム企業業績調査のランキングおよび分析編については、姉妹誌「月刊ラバーインダストリー」9月号で特集しています。ご参照下さい。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界