PAGE TOP

0.4ミリ、シリコーンゴム製

精工パッキング、マスク用極細ゴムを商品化

その他 2017-07-05

マスク用極細輪ゴム「くもの糸」


 精工パッキング(本社・東京都葛飾区高砂、平井秀明社長)は、同社が得意とするビクトリア型平板打ち抜き加工技術を使って、0.3ミリの極細シリコーンゴム製の輪ゴムを開発しているが、その技術を応用した0.4ミリのマスク用極細輪ゴム「くもの糸」として商品化。6月21-23日、東京ビッグサイトで開催された機械要素技術展に出展し、同商品のアピールに努めた。

 「くもの糸」は耳が痛くなりにくい、防災グッズに最適、何度も使える、就寝時も快適といった利点がある。特に防災について、平井社長は「ティッシュペーパー、ハンカチなどを半分に折り、くもの糸を通して緊急時の防災マスクとして使用することができる。シリコーンゴム製のため安全で、劣化しない。消費財なので近くAmazonに出店し、反応をみたい」と話す。

 ビクトリア型(トムソン型)を使用した平板打ち抜き加工は、

ティッシュ、ハンカチなどを半分に折り、くもの糸を通しマスクとして使用

抜型さえあればどんな材質でも打ち抜きが可能であるものの、精度が課題だったティッシュ、ハンカチなどを半分に折り、くもの糸を通してマスクとして使用[/caption]同社は0.2ミリのゴムヒモの製造に成功しており、今回の「くもの糸」についても精密な技術力に裏打ちされた商品として、マスク用以外の用途展開も考えている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界