PAGE TOP

環境施策強化や社内啓発など評価

豊田合成 、省エネ大賞でエネルギー庁長官賞受賞

その他 2022-01-31

 豊田合成の「カーボンニュートラルに向けた中期目標達成への取り組み」が、2021年度省エネ大賞(一般財団法人省エネルギーセンター主催)の省エネ事例部門において、資源エネルギー庁長官賞を受賞した。

表彰式の様子(カーボンニュートラル・環境推進部担当副本部長の長尾氏㊨)



 同社は、2050年までのカーボンニュートラルの実現に向けた環境施策を強化している。工場のエネルギーのムダの排除、設備のコンパクト化などの生産技術革新、省エネ設備の導入などによる「エネルギー使用量の低減」に加え、太陽光発電の導入など「再生可能エネルギーの拡大」などを推進している。

 さらに社内講演会などを通じた従業員の啓発にも取り組んだ結果、2020年度のエネルギー使用量を2015年度比で22%削減。これらの一連の活動が高く評価され、今回の受賞に至った。

 省エネ大賞は、企業や自治体などの優れた省エネの活動事例や製品開発、ビジネスモデルなどを表彰する制度で、1990年度から毎年実施されている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた