PAGE TOP

活動の詳細かつ最新情報を掲載

横浜ゴム、2020年度のCSR活動を報告

その他 2021-10-01

 横浜ゴムは9月30日、CSRウェブサイト(https://www.y-yokohama.com/csr/)を更新し、2020年度の活動を報告した。

 横浜ゴムグループは、「社会からゆるぎない信頼を得ている地球貢献企業」を目指し、今年2月に発表した中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」のもと、世界各地で地域に根ざした企業活動を展開している。

 また、「未来への思いやり」をスローガンとして掲げ、事業拡大とCSRを一体的に推進するESG経営とSDGsの考え方を重視した経営を推進し、事業活動を通じた社会課題解決への貢献を進めている。

 今回のCSRウェブサイト更新では、企業理念やCSRスローガンの提示にはじまり、「全てのステークホルダーの価値創造を目指して」と題した山石昌孝同社取締役社長のメッセージが掲載されている。メッセージでは、従業員の安全を最優先にする仕組みの強化、次の100年を見据えた中期経営計画への意気込み、「未来への思いやり」を実現するESG経営の考え方と取り組み、などが詳述されている。

 次に、「中期経営計画YX2023と未来への思いやり」の項目では、「製品を通して」「地球環境のために」「人とのつながり」「地域社会と共に」「コーポレートガバナンス」の5つの重要テーマに沿って、それぞれの具体的な取り組み、CSR活動の詳細かつ最新情報を掲載。さらに、過去3年分のデータを使った「主要な取り組みに関する進捗状況」も掲載されており、分かりやすく要約した報告となっている。また、同レポートに対する2名の外部専門家の意見も掲載されている。

 以上、2020年度活動のダイジェストを掲載した「CSRレポート2021」(pdf)は、同社CSRウェブサイトから閲覧できる(https://www.y-yokohama.com/csr/information/backnumber/pdf/2021/csr2021.pdf)。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた