PAGE TOP

日本人初制覇の偉業達成

住友ゴム工業、ダンロップ使用契約の松山選手がマスターズ優勝

その他 2021-04-14

 ダンロップの住友ゴム工業とゴルフ用品使用契約を結んでいる松山英樹選手(=写真)が、米国PGAツアーのメジャー大会「マスターズ・トーナメント」で優勝し、日本人初の大会制覇を達成した。



 同トーナメントは4月8日~11日にオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ(米国ジョージア州)で行われたもの。松山選手は4日間トータル10アンダーで優勝した。

 松山選手は2011年にアマチュアとして初出場し、日本人初となるローアマチュアを獲得。2014年PGAツアーに本格参戦して8年目のシーズンでの初のメジャー制覇は、10回目の出場となった同トーナメントでの優勝という快挙となった。松山選手のPGAツアーは6勝目となる。

 大会最終日、ただ一人の2桁アンダーの首位スタートで発進した松山選手は、他の出場選手のスコアが伸び悩むなか、前半2つスコアを伸ばし、サンデーバックナインに。後半は厳しいゴルフが続いたものの、最終トータル10アンダーで見事優勝。ゴルファーならだれもが夢見る“グリーンジャケット”にその腕を通した。


 松山選手は「表彰式でガッツポーズが出来て良かったと思います。今日(最終日)は自分のベストを尽くすことだけを考えてプレーしました。緊張して簡単にバーディを獲れる状態ではなかったので、慎重にプレーすることを心掛けました。日本人でも優勝ができることがわかったと思うので、これからプロを目指しているみなさんも頑張って欲しいと思います。そして、10年前僕の背中を押してここに送り出してくれたみなさんのおかげがあっての今の自分があると感謝しています」とコメントした。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた