PAGE TOP

モリヤマ製品と三葉製品

日本スピンドルと三葉製作所が販売提携開始

その他 2016-02-22

 日本スピンドル製造(本社兵庫県尼崎市、有藤博社長)及び三葉製作所(同東京都品川区、堀内健一社長)の両社は、日本スピンドル製造産機モリヤマ事業部が展開する「モリヤマ」製品と三葉製作所の製品の販売提携に関する覚書の締結を2月12日に発表し、15日から販売提携に入った。

 今回の販売提携は、ゴム・樹脂生産ラインにおいて「モリヤマ」ブランドの混練・予備成形工程装置などで強みを持つ日本スピンドル製造と、同じく押出成形工程の装置などで強みを持つ三葉製作所が協力して営業活動することで、一層の販売台数増加が見込めることから締結した。

 販売提携の対象となる機種は、日本スピンドル製造は産機モリヤマ事業部が展開する「ワンダーニーダー」などの混練機や「シートプレフォーミングマシン(SPM)」などの押出機といった「モリヤマ」ブランドの全製品。子会社として運営していた「株式会社モリヤマ」は14年4月に統合し、現在は産機モリヤマ事業部として事業運営している。

 一方、三葉製作所の販売提携対象機種は、一部他社との輸入・販売契約機を除いた「ゴム押出成形機」や「ゴム用ギアポンプ」などの全製品。

 販売提携により、これら両社の主力機で連携した生産ラインの構築が可能となる。これにより、練りから押出・成形工程までのフルラインアップでの提案ができ、従来に増して最適機種やライントータルでの提案など、顧客の多様なニーズへの対応が可能となる。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界