PAGE TOP

15年度ゴム企業業績調査

経常利益100社中44社が増加

その他 2016-09-13

 ゴム報知新聞は2015年度全国ゴム関連企業(製造業)165社の業績を独自に調査した。この調査をもとに、165社(単体ベース)の①経常利益②売上高経常利益率③従業員1人当たり売上高を分析しランキングをまとめた。今号から連載で分析結果を報告する。

 ■経常利益
 上位100社の経常利益合計は4611億3100万円で14年度(4975億2500万円)と比べ7.3%減少した。上位100社の売上高合計(9月5日号に掲載)も4兆1710億7900万円で同2.4%減少しており、15年度は減収減益となった。

 15年度は、ゴム産業の主要需要業界である自動車、建設機械、工作機械の国内生産が低迷し、多くのゴム関連企業で国内業績が悪化した。自動車産業は四輪車の国内生産台数が、15年は11月を除き前年同月実績を下回るなど年間を通じて低調だった。建設機械は16年3月まで11カ月連続で、工作機械は8カ月連続で前年同月実績を下回った。自動車、建設機械、工作機械の不振は現在もなお継続している。

 海外では、中国経済の減速傾向や新興国の成長鈍化がより鮮明になり、国内ゴム企業も影響を受けた。

 経常利益上位100社のうち、前年実績を上回ったのは44社。14年度の57社に比べ13社減少した。増益となった44社のうち、50%以上の大幅増は18社だった。
 

上位10社で87%

 上位10社の経常利益合計は4029億7600万円で前年度比8.8%減。100社合計に占める割合は87.4%となった。

 ◆ゴム企業業績調査のランキングおよび分析編については、姉妹誌「月刊ラバーインダストリー」9月号で特集しています。ご参照下さい。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界