PAGE TOP

クロロプレンゴムなどは円高で輸出価格下落

東ソー17年3月期、利益は過去最高

原材料 2017-05-15

 東ソーが5月10日に発表した17年3月期業績は、売上高が7,430億2,800万円で前期比1.4%減、営業利益が1,112億1,600万円で同60.2%増、経常利益が1,130億9,400万円で同71.8%増、当期純利益が756億6,400万円で同90.7%増と、減収ながら交易条件の改善等により大幅な増益となった。利益は全て過去最高。

 石油化学事業は、売上高が1,617億4,700万円で同7.8%減、営業利益が200億7,200万円で同72.9%増。クロロプレンゴム及びクロロスルホン化ポリエチレンは、海外需要が堅調だったものの、円高に伴い輸出価格は下落した。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界