PAGE TOP

12月2日からECサイトで先行販売

三井化学、HUMOFITが脳育トイ「キャンディぷらす」に採用

原材料 2022-12-06

 三井化学は、同社が開発した新素材HUMOFIT(ヒューモフィット)を材料とした玩具が、体操教室事業や健全な子どもの成長をサポートする商品開発などを行っているネイスのSTEAM脳育トイ「キャンディぷらす」に採用されたと発表した。12月2日からECサイトで先行販売を開始している。

ヒューモフィットが採用された「キャンディぷらす」



 ヒューモフィットは、室温と体温の間(28℃)で劇的に柔らかくなるように設計されているプラスチックシート。体温で温めると柔らかくなり、自由に曲げることができ、ピース同士がくっつく特性を持つ。キャンディぷらすはこの特性を活かし、脳科学者でネイスのアドバイザーでもある茂木健一郎氏の監修のもと、温もりが集中力を育む玩具として開発された。

 カラフルな十字型のピースが、まるであめ細工のように温めると変形し、くっつき、冷めると硬くなるため、子どもたちはイメージ通りの曲線を通ることができる。温めると元に戻るため、子どもたちは何度も繰り返しながら、想像力を広げ、知的好奇心を刺激されるように設計されている。

 なお、STEAM教育はScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学・ものづくり)、Art(芸術・リベラルアーツ)、Mathematics(数学)の頭文字を合わせた造語で、日本でも経済産業省や文部科学省が推進している。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた