PAGE TOP

カーボンニュートラルLNGバイヤーズアライアンスにも加盟

日本ゼオン、川崎工場で「カーボンニュートラル都市ガス」導入

原材料 2022-08-01

 日本ゼオンは8月1日から、川崎工場(神奈川県川崎市)で東京ガスのカーボンニュートラル都市ガスを導入するとともに、カーボンニュートラルLNGバイヤーズアライアンスに加盟した。

 今回のエネルギー転換により、川崎工場でのCO2排出量は2019年との比較で年間約4万トンの削減が見込まれており、エネルギー転換済みの事業所との総計では、全社で年間約12万トンのCO2削減効果が得られる見込み。

 同社では、2021年度からスタートした中期経営計画の全社戦略として「カーボンニュートラルとサーキュラーエコノミーを実現する『ものづくり』への転換を推進する」を掲げ、2030年の目標として CO2排出量50%削減(2019年度比:日本ゼオン単体のScope1+2を対象)の実現を目指している。

 その重要な施策のひとつがエネルギー転換であり、2022年4月から複数の国内生産拠点において、再生可能エネルギーや証書付の燃料への転換を進めてきた。川崎工場では、エネルギーの生成元であるボイラー燃料の都市ガスをすべてカーボンニュートラル都市ガスに切り替えることで、CO2排出量を大幅に削減できる見込み。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた