PAGE TOP

2021年12月期第3四半期業績

東海カーボン、カーボンブラック事業は大幅増収増益

原材料 2021-11-04

 東海カーボンの2021年12月期第3四半期(2021年1~9月)業績は、売上高が1,850億9,500万円で前年同期比28.0%増、営業利益が176億6,900万円で同137.9%増、経常利益が175億4,700万円で同183.9%増、純利益が95億5,900万円で同818.6%増となった。

 セグメント別のうち、カーボンブラック事業は売上高が722億6,200万円で同43.4%増、営業利益が66億8,400万円で同931.1%増。

 米国南部で発生した大寒波により米国生産拠点の販売が一時低下したものの、中国の自動車生産の急回復や世界的なタイヤおよび自動車部品産業の需要回復により全生産拠点の販売量は前年同期比で増加。また、稼働率上昇に伴う原価率の改善および原料油価格の上昇に伴う売価の調整などにより営業利益も増益となった。

 2021年12月期通期業績予想は、売上高2,509億円で前期比24.5%増、営業利益236億円で同200.3%増、経常利益226億円で同260.9%増、純利益120億円(前期は10億1,900万円の利益)を見込んでいる。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた