PAGE TOP

温室効果ガスの削減に取り組む

JSR、気候関連財務情報開示タスクフォース提言に賛同

原材料 2020-10-16

 JSRは、金融安定理事会によって設立された「気候関連財務タスクフォース(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)」(TCFD)提言への賛同を表明した。

 同社グループは、社会が直面する気候変動問題をグループの重要課題の一つと捉えている。また、TCFDの提言を低炭素経済への移行を促進し、持続可能な社会の発展に資するものと考えており、バリューチェーン上の温室効果ガス排出量削減に貢献する製品を提供するとともに、自社における製造プロセスで発生する温室効果ガスの削減に積極的に取り組んでいく。

 ※TCFD=金融安定理事会(FSB)によって設立された気候関連財務情報開示タスクフォース。2017年6月、FSBは気候変動リスクが金融機関や企業、政府などにおよぼす影響を、財務報告において開示することを求める提言を公表。世界中の1,300を超える機関が提言への賛同を表明している。(2020年8月時点。TCFD公表値)。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた