PAGE TOP

化学とデータ科学融合し開発効率高める

JSR、統計数理研究所と共同研究部門を設置

原材料 2020-10-02

 JSRは10月1日、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構統計数理研究所(東京都立川市、以下「統数研」)と、共同研究部門「JSR-ISMスマートケミストリーラボ」(以下共同研究部門)を同月から設置することで合意したと発表した。データ駆動型材料研究を促進する基盤技術を共同で開発し、機能化学品の分野を対象に新規材料開発の飛躍的な効率化を目指す。

 JSRと統数研は2017年から、マテリアルズインフォマティクスの技術開発と実証研究を推進してきた。今回の共同研究部門の設置で両者の協力体制のさらなる強化を図る。

 旧来の材料開発手法では、実験結果の観察により理論を構築し、測定や計算により検証し材料設計が行われてきた。今回設置する共同研究部門では、多次元にわたる材料空間の新しい可視化や表現手法の開発、高速な計算化学手法を用いたデータ蓄積による性能予測モデルの適用範囲の拡大、理論的な洞察に基づいた新しい物性記述子の開発など、化学とデータ科学を融合させたアルゴリズムを開発しソフトウェアとして実装する。これらの研究結果により、高機能高分子や感光性材料などの機能化学品の開発効率が飛躍的に向上することが期待できる。

 
 共同研究部門には統数研ものづくりデータ科学研究センターの研究者4人を含む統数研の研究員5人が参画しており、現在も博士研究員を募集中。JSRからは、マテリアルズインフォマティクス、計算・理論化学、高分子化学・有機化学を専門とする3人の研究者が同事業に参画している。また、JSRは参画者を統数研に滞在させ、統数研の人材育成プログラムやOJTを活用してデータサイエンス人材の育成を図る。

 産業的課題の解決を図りながら産学の価値共創の下でサイエンスの基礎研究を推進。研究成果を積極的に社会に還元し、データ駆動型材料研究の学術的発展に貢献していく。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた