PAGE TOP

【特集】CMB

エラストミックス、合理化や無人化を積極推進

会員限定 原材料 2019-12-05

 エラストミックスの今年度上期の生産状況は、過半数を占める自動車関連需要が減少傾向となったのに加え、一般工業用ゴム製品向け需要も低調だった影響で、数量及び売上高ともに前年同期比約10%減での推移となった。

 現時点で今後の下期の需要が増加する要因は見当たらないと同社は予測しており、通期での生産量及び売上高も前年割れを見込んでいる。

 国内需要に関しては、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界