PAGE TOP

米国司法省との間で司法取引

西川ゴム工業が車用シール部品販売で罰金

工業用品 2016-07-25

 西川ゴム工業は7月20日、同社顧客への自動車用シール部品販売の一部に関し米国反トラスト法に違反したとして、米国司法省との間で罰金1億3000万ドル(約134億円)を支払うことを主とする司法取引に合意したと発表した。同社グループは、米国司法省による自動車用シール部品に関する調査に全面的に協力してきたが、適用法令や事実関係等を総合的に勘案し司法取引契約を締結することにした。

 今回の件に伴い、同社では17年3月期第2四半期決算で、約134億円を特別損失として計上する予定。17年3月期通期業績予想に与える影響については、現在精査中としている。

 同社では、代表取締役の役員報酬の50%を3カ月、社外取締役を除くその他の取締役の役員報酬の20%を3カ月自主返上する。またコンプライアンス推進室の設置によるコンプライアンス体制のさらなる強化・徹底を行うとしている。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界