PAGE TOP

5月18-20日、沼津工場・御殿場工場で開催

東芝機械、ソリューションフェア記者発表会を開催

工業用品 2017-05-17

あいさつする八木常務


 東芝機械は5月8日、最新製品を一堂に展示して18-20日に沼津工場(本社)および御殿場工場で開催される「第15回東芝機械グループソリューションフェア2017」開催概要記者発表会を開催した。

 冒頭、八木正幸常務執行役員先進機械ユニット長品質保証統括責任者兼技術・品質本部長が「当社はバブルやリーマン・ショック、さらに今年3月の東芝本体との資本関係解消など多くの荒波を新機種開発などで乗り越えてきた。今回は➀エネルギー・環境➁労働生産性の向上➂IoT/ICT➃新素材への対応、の4つの重点戦略に基づいたモノづくりへの提案を各会場でご覧頂きたい。さらに御殿場工場では、先端加工技術の発信基地および新規開発機のテストセンターとして5月に開設した御殿場工場テクニカルセンターの見学なども予定しており、約6,000人の来場者を見込んでいる」とあいさつ。

 今回は同社の主力である電動式射出成形機に向けた耐熱性樹脂の高生産・安定成形に貢献する新技術や、自動車部品軽量化に向けたハイブリッド成形システムの提案、電動射出と半凝固システムによる最適層流ダイカスト、同時二軸延伸機による位相差フィルムの斜め延伸工程の提案など、14件の新商品・新技術が紹介される。

 このほか、前回比で4社増加した117社の協賛企業の新商品や注力商品も一堂に出展される。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界