PAGE TOP

護衛艦向け複合通信空中線「NORA―50」

横浜ゴム、護衛艦向け複合アンテナの共同開発で防衛基盤整備協会賞を受賞

工業用品 2023-12-13

 横浜ゴムと日本電気および三波工業は、護衛艦向け複合通信空中線「NORA―50(通称:UNICORN)」の開発で、防衛基盤整備協会から「令和5年度防衛基盤整備協会賞」を受賞した。

日本電気、三波工業と記念撮影する横浜ゴムの内藤圭一郎工業資材事業部長代理(後列右端)と技術開発を担当した宮崎輝規氏(前列右から2番目)


複数のアンテナが取り付けられている護衛艦のマスト(左)と「もがみ」に装備された「UNICORN」(出典:海上自衛隊ホームページ)


 同賞は防衛装備庁後援のもと、防衛装備品の開発や生産において特に優れた業績をあげた個人やグループに贈られるもの。贈呈式は11月29日にホテルグランドヒル市ヶ谷(東京都新宿区)で行われた。

 UNICORNは、ステルス性向上を目的に、従来甲板上の柱(マスト)の複数箇所に取り付けられていたさまざまな空中線(アンテナ)を1本の支柱に集約したもの。優れたステルス性だけでなく、アンテナの最適配置により外部から発信された電波の最大探査距離を向上したほか、整備および取り付け工程の簡略化を実現した。現在、海上自衛隊の「もがみ」型護衛艦に装備されている。

 横浜ゴムが開発を担当したのは「UNICORN」全体を覆うアンテナ用カバー(レドーム)で、これまで航空機用のレドーム開発で培ってきた技術を活かし、電波透過性を最大限高めながら、基本性能である耐候性はもちろん、落雷からアンテナを保護する耐雷性も兼ね備えている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた