PAGE TOP

約50トンのプラスチック使用量を削減へ

住友ゴム工業、ダンロップテニスボール容器にリサイクルPETを採用

工業用品 2023-11-24

 住友ゴム工業は、地球環境に配慮したサステナブルな取り組みの一環として、ダンロップテニスボールに使用しているPET容器にリサイクルPET素材を使用した容器を採用する。

左から「DUNLOP FORT」、「DUNLOP AUSTRALIAN OPEN」、「St. JAMES PREMIUM」、「St. JAMES」、「DUNLOP HD」


 これにより、今までのPET容器から約30%のバージンプラスチック削減が可能となり、国内のみで年間約50トンのプラスチック使用量の削減が見込まれる。

 同社は中期計画のバリュードライバーの一つとして「ESG経営の推進」を掲げており、サステナビリティ長期方針として「はずむ未来チャレンジ2050」を策定し、その一環としてさまざまな取り組みを行っている。

 スポーツ事業では、2030年までにパッケージなど包装材に使用されるプラスチック使用量を半減させることを目指しており、昨年、取り組みの一環として、全豪オープンに使用するプラスチック製ふたを廃止。今年は市販用にも拡大させた。将来的には包装材だけでなく、テニスボールそのものについても、CO2削減に寄与するサステナブルな原材料へ切り替えるため、研究・開発を進めている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた