PAGE TOP

未上場ゴム関連企業業績

井上護謨工業16年12月期、二輪タイヤ新製品で売上げ微増

工業用品 2017-04-18

 イノアックコーポレーションの親会社である井上護謨工業(名古屋市中村区、井上聰一社長、資本金1億4,500万円)の16年12月期業績は、売上高が53億7,800万円で前期比0.3%増、営業利益が4億6,000万円で同46.4%減、経常利益が15億800万円で同29.4%減、当期純利益が13億8,800万円で同22.8%減となった。

 売上高は為替変動や熊本地震の影響もあったが、二輪タイヤ事業での新製品投入や、太陽光売電事業の拠点数増加などにより微増となった。利益は販売費・管理費等の増加により減益となった。海外事業は、ベトナムから米国向けの自転車タイヤの輸出が本格的になり、売り上げ増加に貢献した。

 期末従業員数は85人(前期末は82人)。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界