PAGE TOP

和歌山工場の即納体制が整い受注増加に貢献

【新年トップインタビュー】ハバジット日本社長 津川純氏

会員限定 インタビュー 2022-01-06


 「これまでの改革・改善の取り組みが軌道に乗り始め、リーンな企業体質への転換がはかられた」と語るハバジット日本の津川純社長。陣頭指揮で効率化を推進した和歌山工場も即納体制を整え、受注増加に貢献している。2022年も休むことなく、改革・改善に取り組んでいく方針だ。

2021年を振り返って

 2021年前半は新型コロナウイルス感染の影響が各産業に残ったが、後半は感染者数が急激に減少するに従って全産業で回復が見られ、繊維、紙工、食品、物流分野など概ね2019年並みに戻った。また、これまで取り組んできたさまざまな改革も軌道に乗り、リーンな企業体質への転換がはかられた。

 グローバルで見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた