PAGE TOP

合理化・効率化につながる改革・改善を浸透させる

【新年トップインタビュー】三ツ星ベルト社長 池田浩氏

会員限定 インタビュー 2022-01-05


 2021年6月に就任した三ツ星ベルトの池田浩社長。就任早々からコロナ対応に追われた。ただ、「コロナによって業務の進め方、営業対応、工場設備の改良などで新しい発見があった」と言う。合理化・効率化につながる改革・改善を、今年はしっかり根付かせ、浸透させる方針だ。

2021年を振り返って

 コロナ禍で大変な1年だったが、業績は悪くなかった。クラスターも発生せず、業務に大きな支障をきたすこともなかった。コロナへの対応から、在宅勤務の導入やリモート会議など新しい働き方を模索した1年でもあった。緊急事態宣言は解除されたが、緩むことなく、3月までは、このコロナ体制を継続していく。

働き方改革

 当社では機械設備を自社で内製しており、それを海外工場にも搬送してエンジニア担当者が設置し、試運転から稼働開始までを見届ける。ただ2021年は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた