PAGE TOP

2022年3月期第2四半期業績

日東工器 経常利益、純利益は90%以上増加

工業用品 2021-11-02

 日東工器の2022年3月期第2四半期(4~9月)業績は、売上高が123億4,300万円で前年同期比17.5%増、営業利益が17億500万円で同111.2%増、経常利益が17億1,500万円で同93.5%増、純利益が12億1,100万円で同95.3%増だった。

 迅速流体継手事業は、半導体関連製品の販売が好調に推移した結果、売上高が55億7,200万円で同30.5%増、営業利益が12億7,400万円で同86.3%増となった。

 2022年3月期通期業績予想を上方修正
 同社は10月26日、2022年通期業績予想の上方修正を発表した。第2四半期累計期間に、設備投資や生産活動が持ち直し、売り上げが伸長したほか、緊急事態宣言の発令等による対面営業や出張自粛で経費実績が計画を下回り利益を押し上げた。通期も同様の傾向で推移する見通し。

 ■2022年3月期通期業績予想
 ◇売上高=245億6,000万円(前回予想239億8,000万円、増減率2.4%増)◇営業利益=28億4,000万円(同21億8,000万円、同30.3%増)◇経常利益=29億2,000万円(同23億2,000万円、同25.9%増)◇純利益=20億4,000万円(同15億8,000万円、同29.1%増)

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた