PAGE TOP

幅広タイプ追加やアタッチメント加工など

ハバジット日本、タイミングベルトを拡充・拡販

工業用品 2017-02-07

 ハバジット日本は、タイミングベルト製品の拡充と販売拡大に力を入れている。昨年12月から幅広タイプを追加し、順次販売を開始するとともに、アタッチメント加工サービスと設計支援ソフト等の技術サポートも強化している。

 追加発売した幅広タイプは、従来150ミリが最大だったT10ピッチについて、新たに業界最大の600ミリ幅まで対応できる。ベルト材質は、耐薬品性に優れた白色のポリカーボネートTPUと、国内外の食品規制にも準拠している透明のポリエステルTPUの2種。両タイプとも低摩擦で静粛性に優れるポリアミド貼りが可能。幅広タイプのプーリも用意している。

 アタッチメント加工については、脱落防止対応に力を入れている。この加工は、金具が幅方向を面で支えてボルトで固定することで、衝撃や振動でもアタッチメントに緩みが生じず、取り付け部から金具が脱落するのを防止することができる。

 設計支援ソフトについては、オンラインで「セレカルク計算プログラム」の提供を開始した。これは設計・使用条件を入力することでベルトの強度計算を行い、正しいベルト選定、設計上の要点を確認することができる。

 同社では、製品ラインアップの拡充や技術サポートを強化することで、ユーザーの多様なニーズに対応し需要の掘り起こしをはかっていく。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界