PAGE TOP

2021年3月期業績

西川ゴム工業、営業利益が30.9%減

工業用品 2021-05-14

 西川ゴム工業の2021年3月期業績は売上高が802億3,400万円で前期比17.5%減、営業利益が47億3,500万円で同30.9%減、経常利益が60億2,100万円で同19.6%減、純利益が26億9,700万円で同39.9%減だった。

 日本は売上高が444億4,900万円で同16.3%減、営業利益が14億3,100万円で同51.1%減。自動車生産台数が前期比で減少したことが影響した。

 北米は米国、カナダおよびメキシコともに自動車生産台数が前期比で減少した結果、売上高は200億8,600万円で同24.5%減、営業損失が4億5,400万円(前期は3,600万円の損失)。

 東アジアは自動車生産台数がほぼ前期並みに回復、売上高は133億300万円で同2.0%減、営業利益は原価低減活動が奏功し、22億3,200万円で同83.8%増だった。

 東南アジアは売上高が73億5,000万円で同35.6%減、営業利益が15億4,300万円で同51.1%減。経済活動の遅れによる自動車生産台数の大幅減が響いた。

 2022年3月期業績予想は売上高が902億円で前期比12.4%増、営業利益が67億円で同41.5%増、経常利益が74億円で同22.9%増、純利益が51億円で同89.0%増。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた