PAGE TOP

4月19日~28日に開催

豊田合成、上海モーターショーに出展

工業用品 2021-04-13

 豊田合成は4月19日から28日までの10日間、中国の上海市で開催される「上海モーターショー(Auto Shanghai 2021)に出展する。



 同社は自動車市場として世界最大の中国を重点市場に据え、エアバッグや機能部品など付加価値の高い製品の販売拡大に取り組んでいる。今回のモーターショーでは、中国で普及が見込まれるEVなどの電動車や自動運転に関連した製品をはじめ、安心・安全に貢献する各種自動車部品などを紹介する。

 電動車向けとしては、「冷却配管モック」(コンセプトモデル)を出品する。同製品は、ゴムや樹脂製の冷却パイプを用いて電池やモーターを冷却する最適なシステムを提案。自動車の軽量化にも貢献する。

電動車の冷水の流れを紹介する冷却配管モック



 自動運転に対応した製品では、「次世代セーフティシステム」(コンセプトモデル)と「ハンドルモジュール」(同)を紹介する。「次世代セーフティシステム」は、自動運転時に想定される乗員の姿勢の多様化に対応するため、エアバッグをシートに一体化している。

次世代セーフティシステム(コンセプトモデル)



 また、「ハンドルモジュール」は、人とシステムが協調して車を操作するための新たな「ヒューマン・マシン・インターフェイス機能」をハンドルに付加。カメラとセンサでドライバーの状態を感知する“見守り機能”や、光や振動などでドライバーに情報を伝える“インフォメーション機能”を搭載している。

ハンドルモジュール(コンセプトモデル)



 なお、出展先は第1ホール2F 5BE121。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた