PAGE TOP

2023年春頃に竣工、操業予定

ショーワグローブ、ニトリルゴム製使い切り手袋の国内製造拠点を新設

会員限定 工業用品 2020-11-24

 手袋メーカーのショーワグローブ(本社・姫路、近藤修司社長)は、香川県坂出市にニトリルゴム製使い切り(ディスポーザブル)手袋の製造工場の建設を進める。既に工場用地を取得済みで2021年5月頃に着工、2023年春頃に竣工し操業を開始する予定。ニトリルゴム製使い切り手袋の国内製造拠点は「手袋業界では初めて」(ショーワグローブ)となる。

 ニトリルゴム製使い切り手袋は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた